めがかずさんの釣り日記

ちょっとした工夫。
最近、メガバス・トーナメントクローラー5.5インチを多用している。

以前はメガバス・キャッツキルを使っていたVIOSの素材が非常に強く身切れしない。
1日使い続ける事が出来るくらい。

しかし、トーナメントクローラーは違う。素材が変わってしまった。
2・3匹釣るとボロボロでキャスト時に飛んでいく。
ネイルシンカーもロスト。タングステンは高い。
1日10本くらい使う。700円。

でも釣れます。私の釣果はほとんどこれ。

そこでちょっとした工夫。

ホットガンと収縮チューブを購入。
ホットガン、2千円でした。

収縮チューブを2mmくらいでカット。
ワームに通し、フックポイントで収縮。
そこにフックをかける。

かなり強くなったでしょう!

節約節約。
2019年06月25日23:33  (全員に公開)

コメント

マイケル教祖
1:マイケル教祖さん

かなりコスト削減に成りそうですね^^

2019年06月25日23:42
ドクトル・ヒゲー
2:ドクトル・ヒゲーさん

私もやってますよ~♪
ひと手間かけるだけで、圧倒的に持ちが良くなりますね♪
フックの掛け方などにより、収縮チューブとオーリングタイプを使い分けています。
加熱するとワームが弱くなるときは、きつめの収縮チューブを加熱せずに使っています。
多少緩くても針を刺せば問題ないですね♪
(^-^)/

2019年06月26日07:24
めがかず
3:めがかずさん

>>1 マイケル教祖さん
実釣が楽しみです♪

2019年06月26日07:38
めがかず
4:めがかずさん

>>2 ドクトル・ヒゲーさん
すでにやられてますね。
オーリングタイプ、コスト高いので。
収縮チューブは現場でライターで炙る人もいるようですが面倒なので自宅でやります。
熱のあて具合でワーム、溶けそうになるので多少の慣れが必要ですね。
チューブに針をかけようと思うのでワームの負担は少なくなると思いますが実際はどうだか。
実釣が楽しみです。

2019年06月26日07:43

コメントを書く

コメントを書くには、ログインが必要です。
 ログイン